2017年6月3日~9日/愛媛・松山大会

第31回宇宙技術および科学の国際シンポジウム

2017年6月3日~9日/愛媛・松山大会

宇宙短歌「宇宙の歌」 Space tanka "Uchu no Uta"

短歌(ジュニアの部)

◆ ジュニアの部 ◆

「宙返り何度もできる無重力」

に続く下の句

≪坊っちゃん賞≫

僕がまわると宇宙もまわる
清水 琉生

≪マドンナ賞≫

家でやったら二回が限界
阿部 紗也

≪優秀賞≫

体育の授業もここでしたいな
水中 ひなた

≪優秀賞≫

ぞうさんだってはこべちゃう
赤瀬 稔

≪優秀賞≫

とびたいとびばこ目ひょう百だん
二宮 由成

≪入選≫

  • ぐるぐるぐるとギネス記録を 尾﨑 陽
  • そしたら私も金メダルかな 宗近 みと
  • 無限ループで続く永遠 坂井 寛子
  • どこまでも続く無限の世界 豊田 彩華
  • スタントマンが泣いている 原 綾佑
  • うちゅうにいけばりすになるぼく 横道 玄
  • ピアノもち上げ記ねんさつえい 藤岡 希帆
  • くるくる回るゼログラビティ 立花 譲
  • 地球を見つけ日本を見つけて 寺坂 透陽
  • ふんわりただよう地球とぼくと 宮部 碧大
  • 静かな宇宙で静かに回る 林 航
  • 地球でできない思い出つくる 中矢 彩萌
  • 宇宙の糸がぼくをあやつる 横溝 惺哉
  • ぼくのとなりに小惑星 大西 陸斗
  • 地球と共に私も回る 藤原 楓
  • ここはまさにでんぐり宇宙 毛利 航太
  • 自分の夢を大きくかえる 勇徳 響希
  • つぎのほしまでまわりつづける 橋本 和佳
  • 星から星へジャンプ大会 曽我 周海
  • 宇宙のひみつ星より多い 林 結唯

短歌(ジュニアの部)総評

短歌(ジュニアの部)総評

ジュニアの部では、子供達が、無重力空間で自身が実現できそうな行為や行動を、自身の視点で、かつ、身近で具体的な言葉を選んで描写した作品が数多く見受けられました。「僕」や「わたし」という一人称代名詞、「ピアノ」「ぞうさん」「とびばこ」「でんぐり返し」といった言葉の選択は、無機質な宇宙を生き生きとした皮膚感覚溢れる経験世界に結びつけています。短歌の技巧はなくとも子供の宇宙への思いが溢れる作品群でありました。

COPYRIGHT © 31st ISTS-jimoto. ALL RIGHTS RESERVED