2017年6月3日~9日/愛媛・松山大会

第31回宇宙技術および科学の国際シンポジウム

2017年6月3日~9日/愛媛・松山大会

宇宙短歌「宇宙の歌」 Space tanka "Uchu no Uta"

短歌(一般の部)

◆ 一般の部 ◆

「宙返り何度もできる無重力」

に続く下の句

≪向井千秋賞≫

わが子もグルンお腹の中で
山﨑 彩子

≪優秀賞≫

鞠のごとくにうれひを捨てて
板倉 裕子

≪優秀賞≫

羊水に浮く胎児にも似て
西村 淑

≪優秀賞≫

特大プリン理想の出来栄え
本田 しおん

≪入選≫

  • 星の数ほど夢が広がる 竹田 流星
  • 孫を六人抱えて嬉し 幅 茂
  • 越後獅子の唄口ずさむ我れ 安田 清一
  • 落ちず折れぬが細る我が骨 千田 康治
  • 宇宙は子宮わたしは胎児 谷岡 美樹
  • 遠き地球に臍の緒繋ぐ 門屋 朋子
  • 十億年の胎児の記憶 宮下 嘉納子
  • 命授かり地表に落つる 竹内 聖治
  • 壺中の天地茫漠として 太田 辰砂
  • 君は布団ででんぐり返り 谷井 紀夫
  • 愛顔もまわる無限の宇宙 菊池 太
  • 鳥にもなれるまた魚にも 井芝 千章
  • 母なる青き船と並びて 谷口 みち佳
  • 昼と夜とを見てまわりゆく 大森 定謨
  • 超超難度で宇宙を拓く 宇和上 正
  • 小窓の外は故郷の青 河本 滿
  • 過去現在未来夢が輝く 薦田 喜加
  • 五輪選手の背に宙を見る 岩田 早希子
  • 我が子と一緒に宇宙で遊ぶ 橋田 恭子
  • 涙流れず顔はため池 本田 いづみ

短歌(一般の部)総評

短歌(一般の部)総評

一般の部では、地上の現実世界では味わえない無重力空間が作り出す非現実世界やそこでのみ可能になる競技選手に勝る離れ業を歌ったもの、宇宙を子宮になぞらえた歌など、力作が多数寄せられました。それらは、単に非経験世界の空想的描写に留まらず、詠み手自身を日常の憂いから解放し創造的生き方へと繋げるものとなっておりました。これらの作品から、改めて、宇宙という限りない世界への人々の思いを確認することができました。

COPYRIGHT © 31st ISTS-jimoto. ALL RIGHTS RESERVED