2017年6月3日~9日/愛媛・松山大会

第31回宇宙技術および科学の国際シンポジウム

2017年6月3日~9日/愛媛・松山大会

宇宙俳句「宇宙の句」 Space haiku "Uchu no Ku"

俳句(ジュニア)横田 青天子 選

≪横田 青天子 特選≫

紅葉の地球の色は赤いかな
新宮中 眞鍋 ななか

 宇宙への旅ももう夢ではなくなって来ています。初めて宇宙から見た地球は青かったそうですが、紅葉した地球はどんな色をしているのか素朴な疑問が一句になりました。
夏の朝月の形がのこってる
神戸市立椛台小 藤涛 拓郎

 夏の朝は夜明けが早いです。白み初めた空に月が出ていることは天文学上当然あるべき現象ですが、作者は「月の形」が残っていると表現しています。淡々とした夏の朝の月を表現するにこれ以上の言葉ないと思います。
闇を切る素振り見守る冬銀河
垣生小 野中 大治

 寒中の鍛錬を特に寒稽古といいます。この句の素振りは竹刀でしょうかバットでしょうか、何れにしても闇を切る音だけが響きます。冬の夜特に凍空の星の光は鋭く輝いています。鋭い光は厳しさであり優しさでもあります。

≪横田 青天子 入選≫

  • 流れ星たくさん見るとしあわせだ 今井 伶奈
  • 夏の夜星よねがいをのせてって 中江 涼香
  • ※向日葵は地球に生きる太陽だ 内田 実里
  • ※宇宙ゴミ春一番でとんでいけ 清水 煌生
  • ※学校のおとまりキャンプ星きれい 渡邊 魁斗
  • ※ポケットに星を集めて春の夜 伊葉 小夏
  • 帰り道春のせいざが動き出す 山本 文太
  • 雪だるま無重力でも溶けるかな 大田 健介
  • ロケットでいってみたいなはるのつき 原田 泰輔
  • なかよしのみんなと見るよながれぼし 大谷 鈴凪

※は複数の選者に選ばれた句です。

COPYRIGHT © 31st ISTS-jimoto. ALL RIGHTS RESERVED