2017年6月3日~9日/愛媛・松山大会

第31回宇宙技術および科学の国際シンポジウム

2017年6月3日~9日/愛媛・松山大会

宇宙俳句「宇宙の句」 Space haiku "Uchu no Ku"

俳句(一般)横田 青天子 選

≪横田 青天子 特選≫

惑星へ旅する話蜜柑むく
松山市 武井 日出子

 宇宙への旅月への旅はもう現実味を帯びて来ています。私達には出来なくても孫の時代のハネムーンは宇宙旅行も選択肢の一つになっているかも知れません。炬燵で蜜柑をむきながらの一家団欒の一場面と思われます。
天地も過去も未来も朧かな
松山市 岡田 早苗

 過去も未来もそして現在生きている天地もみんな幻なのです。私達は宇宙のほんの一部分しか知りません。朧を抜け朧の中に生き朧に紛れて行くのです。私の句に、抜けて来し朧紛れて行く朧があります。
宇宙より賜はるひかり梅ひらく
松山市 松田 とよ

 地球は太陽の光を受けて輝いています。地球に生けるものすべて例外はありません。その事に作者は気付かれたのです。誰も皆知識としては知っていますが気付かずにいます。その事に梅の小さな花が気付かせてくれました。

≪横田 青天子 入選≫

  • 光年といふ遥けさよ星流る 岡本 典子
  • ※銀漢や砂丘の涯の日本海 戒能 多喜
  • 天の川平和の鐘が響きけり 和泉元 良彦
  • 宇宙より帰還の金魚ひらひらり 福本 伊都
  • ※冬銀河地球が回ってゐるなんて 池川 紀子
  • 宇宙まで飛んで行けさう春日傘 大本 早美
  • ※宇宙への夢を育てて卒業す 忽那 早苗
  • 冬銀河道後温泉湯気立ちぬ 黒田 美奈子
  • コオロギと午前三時の流星群 猪野木 凜
  • ソーダ水私の宇宙かき混ぜる 清家 希

※は複数の選者に選ばれた句です。

COPYRIGHT © 31st ISTS-jimoto. ALL RIGHTS RESERVED