2017年6月3日~9日/愛媛・松山大会

第31回宇宙技術および科学の国際シンポジウム

2017年6月3日~9日/愛媛・松山大会

宇宙俳句「宇宙の句」 Space haiku "Uchu no Ku"

俳句(ジュニア)渡邊 孤鷲 選

≪渡邊 孤鷲 特選≫

宇宙ゴミ春一番でとんでいけ
春江小 清水 煌生

 春になると中国から汚れた空気が日本に流れてきます。それを春に吹く強い風が吹きとばしてくれます。宇宙にも沢山のゴミがただよっています。その宇宙ゴミも春一番が吹いてきれいに吹きとばしてほしいものですね。
春のリレー土星の環をひと回り
今治市立吹揚小 曽我 周海

 春の運動会のリレー。白い線でかかれたグランドのまるい円を見ているとまるで土星の大きな輪のように見えたのでしょう。走っている人を見るとまるで土星の環をひと回りしいるようだと感じたのです。夢のある句です。
たんぽぽのわたげとび立つうちゅうへと
椿小 安倍 由花子

 春の野にさくたんぽぽは、花がおわって実になると、白い毛を生じてわたがつぎつぎと風にのってどこまでもどこまでも飛んでいきます。それを「うちゅうへ」ととび立つと見たのです。さながらロケットが飛び立つように。

≪渡邊 孤鷲 入選≫

  • ※夏の空星はまるでこんぺいとう 服部 琴葉
  • 真夏の日宇宙はもっと暑いかな? 眞鍋 ななか
  • 見上げるとかならずさがすオリオン座 山本 彩羽
  • ※公園にだあれもいないひでり星 織田 拓海
  • ※冬の星まんげきょうの中にいる 中尾 紗唯
  • ※はるのゆめ月でとびばこ三百だん 池本 吏来
  • ※夏の夜の空のそうじ屋ほうき星 行方 優実
  • もみじの葉宇宙の中では落ちないよ 林 結唯
  • 38まんキロとどくとおもってた月に手が 児玉 凜子
  • ちりばめる宝石いっぱい春の空 渡部 由梨香

※は複数の選者に選ばれた句です。

COPYRIGHT © 31st ISTS-jimoto. ALL RIGHTS RESERVED