2017年6月3日~9日/愛媛・松山大会

第31回宇宙技術および科学の国際シンポジウム

2017年6月3日~9日/愛媛・松山大会

宇宙俳句「宇宙の句」 Space haiku "Uchu no Ku"

俳句(ジュニア)髙岡 周子 選

≪髙岡 周子 特選≫

冬の星まんげきょうの中にいる
家串小 中尾 紗唯

 鏡の板を使った筒を回しながらのぞく万華鏡は回すたびに美しい模様が見える。冬の星はまるでその万華鏡のようだという句。望遠鏡の中に見える星の数々に名前があり、物語があるのに驚く気持ちもうかがえる。
オリオン座たくさんの星とつながるよ
串原小 三宅 英暉

 冬の星座で一番みつけやすく大きなオリオン座はギリシア神話の猟師の名。星座の中で最も明るいベテルギウスや三つ星を目印にしてつぎつぎに他の星座をみつけることができる。「つながるよ」で他の星がみえてくる。
冬の月ずっとわたしの上にある
垣生小 中矢 乃々華

 どこまで歩いてもついてくる月を見て感じるこの思いは、きっと世界中の人に共通する思いで、なぐさめられたり励まされたりしているはず。ずっと私の上にあるという安心感と神秘的な冬の月の輝きが伝わってくる。

≪髙岡 周子 入選≫

  • ※はやぶさが空に描いた虹一つ 豊田 彩華
  • ※公園にだあれもいないひでり星 織田 拓海
  • ※しもばしら星のせかいにあるのかな 滝野 晴斗
  • ※はるのほしふくらむつぼみみつめてる 児玉 凜子
  • ※金星へたんぽぽのわたとんでいけ 川九 新
  • ※同じ空ガリレオ見ていたおぼろ月 鳥生 野乃花
  • 流れ星新惑星とまじりけり 八木 雄大
  • おつきさまきょうはちょっとおおきいね 小林 真生
  • ※お月さまこんやはだれがかじったの 宮田 晃希
  • 満月の光に負けた望遠鏡 福永 侑夏

※は複数の選者に選ばれた句です。

COPYRIGHT © 31st ISTS-jimoto. ALL RIGHTS RESERVED