2017年6月3日~9日/愛媛・松山大会

第31回宇宙技術および科学の国際シンポジウム

2017年6月3日~9日/愛媛・松山大会

宇宙俳句「宇宙の句」 Space haiku "Uchu no Ku"

俳句(一般)髙岡 周子 選

≪髙岡 周子 特選≫

望遠鏡のぞけば素顔春の月
松山市 杉山 望

 肉眼では見えない月面の地勢や月面図にある海の位置などが精度の高い望遠鏡で観察される。見慣れた月がこんなふうになっているのかと驚くのだが、特におぼろに霞んだ美しい春の月の素顔には落胆したかもしれない。
耕せる青き地球を擽りて
愛知県 斉藤 浩美

 種まきや植付けをする前に土を鋤き返してやわらかくする耕は春の季語。その耕は、青い地球といわれている、われわれ人間の住んでいる天体をちょっと操っているようなものだと捉えた。なかなか面白い表現をしている。
はるかなる宇宙のリズム潮干狩
東京都 山本 好夫

 月および太陽の引力により周期的に起こる潮の満ち干により干潟が現れる。陰暦三月三日ごろの大潮のころには潮干狩で賑わう。干潟を見てとっさに宇宙のリズムとは考えないが、そこに着目した新鮮な佳句。

≪髙岡 周子 入選≫

  • 火星からの電波を受けてゐる木の芽 柿崎 巍
  • オリオンの腰の宝石星生る 山内 秀紀
  • ※冬銀河地球が回ってゐるなんて 池川 紀子
  • しんといふ音のきこえし星月夜 渡部 和也
  • 地球似の惑星七つ水温む 野村 タカ子
  • オーロラを見おろして春宇宙船 木村 たみ子
  • 宇宙への旅に金魚と歳時記と 浜田 真理
  • 啓蟄や宇宙に人の目覚めをり 武田 誠子
  • 天高し望遠鏡のクレーター 松下 喜彦
  • 宇宙からこだまでしょうか春一番 古山 礼子

※は複数の選者に選ばれた句です。

COPYRIGHT © 31st ISTS-jimoto. ALL RIGHTS RESERVED