2017年6月3日~9日/愛媛・松山大会

第31回宇宙技術および科学の国際シンポジウム

2017年6月3日~9日/愛媛・松山大会

宇宙俳句「宇宙の句」 Space haiku "Uchu no Ku"

俳句(ジュニア)木下 節子 選

≪木下 節子 特選≫

船上から夏の大三角形さがす
家串小 伊勢 雅姫

 周辺に灯りのない海の上は、天体観測をするのには最適。クルーズ船などでもよく星空教室が開かれます。作者も船の上から、夏の夜空を代表する三つの一等星を捜しているのでしょう。
はるのゆめ月でとびばこ三百だん
松野東小 池本 吏来

 無重力の月面、地球では五段がせいいっぱいの飛び箱も、余裕で三百段くらいは飛び越せるかもしれませんね。近い将来月へ旅行できるようになったら、「春の夢」ではなく現実に成功するかもしれません。
同じ空ガリレオ見ていたおぼろ月
今治市立乃万小 鳥生 野乃花

 おぼろ月の浮かぶ夜空、もしかしたらあの偉大な学者ガリレオ・ガリレイも、こんな夜に望遠鏡で天体観測をしていたのかもしれません。何百年もの時を越えて、ガリレオと心が繋がったような気がしたのでしょうか。

≪木下 節子 入選≫

  • 流れ星宇宙の果てからきたのかな 安江 悠真
  • 冬の空星のかがやきあふれだす 岡原 未空
  • ※ポケットに星を集めて春の夜 伊葉 小夏
  • ※冬の星まんげきょうの中にいる 中尾 紗唯
  • バラ星雲花びらの色春の赤 藤岡 希帆
  • ※はるのほしふくらむつぼみみつめてる 児玉 凜子
  • UFOを追いかけ迷う春銀河 曽我 周海
  • ぼくの夢宇宙飛行士雲の峰 川九 開
  • ※金星へたんぽぽのわたとんでいけ 川九 新
  • ないしょだよぼくのとうさんうちゅうじん 松岡 由輝

※は複数の選者に選ばれた句です。

COPYRIGHT © 31st ISTS-jimoto. ALL RIGHTS RESERVED