2017年6月3日~9日/愛媛・松山大会

第31回宇宙技術および科学の国際シンポジウム

2017年6月3日~9日/愛媛・松山大会

宇宙俳句「宇宙の句」 Space haiku "Uchu no Ku"

俳句(一般)木下 節子 選

≪木下 節子 特選≫

※鳥引くや古墳に残る天体図
松山市 岡本 典子

 太古の昔から人類は宇宙に興味を抱き、夢を紡いできた。古墳の中に画かれた星宿図はそれを物語る。北の大地へ長い旅をする鳥たちのように、人類が宇宙を行き来する日もそう遠くないかもしれない。
冴返る今は滅びし赤き星
宇和島市 山本 ことみ

 何千・何万光年もの遙か彼方から地球に届く星の光。今、冴え返る夜空に明るく輝く赤い星も赤色巨星として終焉を迎え、爆発して跡形も無くなっているのかもしれない。時間と空間の果てしなさ感じさせる句。
たんぽぽや何処かに地球のような星
松山市 加藤 真理子

 地球によく似た星が発見されたというニュースを聞いたのはつい最近のこと。宇宙には地球型の惑星はいったい幾つあるのだろう。豊かな水が流れ、蒲公英のような愛らしい花が咲いている星もあるのもしれない。

≪木下 節子 入選≫

  • 旅客機の窓に溢れる冬銀河 中田 悠太
  • シリウスのまたたき青き岬かな 岡本 千秋
  • 春立ちぬ太白星のきららかに 平尾 京子
  • ※肩車オリオン座まで手を伸ばす 田中 祐輔
  • ※惑星へ旅する話蜜柑むく 武井 日出子
  • 湯豆腐や銀河の底にわれひとり 西分 慶雄
  • 太陽系第三惑星春時雨 村下 滿
  • 春風まとふ千年あとのかぐや姫 石原 悦子
  • 十六夜や買つて五年の月の土地 西川 タモツ
  • 千億の星北半球は春を待つ 水谷 均

※は複数の選者に選ばれた句です。

COPYRIGHT © 31st ISTS-jimoto. ALL RIGHTS RESERVED