2017年6月3日~9日/愛媛・松山大会

第31回宇宙技術および科学の国際シンポジウム

2017年6月3日~9日/愛媛・松山大会

宇宙俳句「宇宙の句」 Space haiku "Uchu no Ku"

俳句(ジュニア)福谷 俊子 選

≪福谷 俊子 特選≫

※初夢やぼくは宇宙で宙がえり
愛大附属小 川九 開

 元日の夜から二日にかけてみる夢を初夢といいますが、宇宙への夢がどんどんふくらんでいく少年らしい句です。「宇宙で宙がえり」の軽快なリズムがいいですね。宇宙飛行士へのひそやかなあこがれも感じられます。
お月さまこんやはだれがかじったの
垣生小 宮田 晃希

 お月さまは丸く見えたり、半分に見えたり、笹舟のように見えたり、ほんとうにふしぎですね。「だれがかじったの」と問いかけた純真なことばをとても可愛らしく思います。母と子のほほえましく幸せな秋の夜です。
流れ星ぼくを見ながら流れてく
垣生小 大塚 劉生

 晴れた夜空をながめると、ひとすじのラインをえがいて星が流れていくことがあります。なんともいえず心がときめきますね。「ぼくを見ながら流れていく」という表現に何か願いがかなうような予感がします。

≪福谷 俊子 入選≫

  • ※はやぶさが空に描いた虹一つ 豊田 彩華
  • 空の星霧氷といっしょに降りてくる 田中 莉央
  • おぼろ月きょうりゅうの声ひびきます 兵頭 太嘉
  • オーロラの明かりだ春のうちゅうから 伊藤 彩音
  • ※夏の夜の空のそうじ屋ほうき星 行方 優実
  • ※金星へたんぽぽのわたとんでいけ 川九 新
  • 掴めない瞳の中に星涼し 柏木 美紅
  • 見つけたよ宇宙へつづく春の雲 平岡 香乃
  • ※冬の月ずっとわたしの上にある 中矢 乃々華
  • 地球からいつか見たいな月の裏 横溝 麻志穂

※は複数の選者に選ばれた句です。

COPYRIGHT © 31st ISTS-jimoto. ALL RIGHTS RESERVED