2017年6月3日~9日/愛媛・松山大会

第31回宇宙技術および科学の国際シンポジウム

2017年6月3日~9日/愛媛・松山大会

宇宙俳句「宇宙の句」 Space haiku "Uchu no Ku"

俳句(一般)福谷 俊子 選

≪福谷 俊子 特選≫

桜散り宇宙にひとつ星生まる
西条市 砂山 恵子

 「ひとつ星生まる」は、宇宙飛行士の油井亀美也さんに因んで命名された「kimiyayui」であろうか。その星は二億六千八〇〇万キロの彼方に存在するが、桜が散ったあとの星空には悠久のロマンが感じられる。
薫風や青き地球の動き出す
砥部町 篠崎 伶子

 地球が動くということを日常強く意識することはないが、「薫風」という季語と「地球の動き出す」と断定したフレーズがよく響き合っている。地球は青かった!と言った宇宙飛行士ガガーリンの言葉をふと想起した。
ふたつめの太陽になるしやぼん玉
松山市 丸本 美保子

 大きな「しやぼん玉」が徐々に高みへと飛んでゆく。日差しを浴びてきらきらと、ゆらゆらと今にも弾けそうであるが、その一瞬を「ふたつめの太陽」と捉えた俳人としての感性がシャープであり、ユニークである。

≪福谷 俊子 入選≫

  • 地球といふ一舟天の川を漕ぐ 芳谷 妙子
  • 宇宙人と握手弥生の月の夜 村上 真智子
  • ※宇宙よりころげ落ちたる天道虫 赤穂 和子
  • ※肩車オリオン座まで手を伸ばす 田中 祐輔
  • ※鳥帰る宙の深きへ翼張り 篠田 千恵美
  • 揚雲雀宇宙の果てを目指しけり 宮﨑 謙一
  • 宇宙基地へと朝顔の蔓の先  松本 麗子
  • 芋の露宇宙まるごと転がしぬ 小田原 京子
  • 竜天に人は宇宙にひるがへる 武田 誠子
  • 着ぶくれて宇宙の街を闊歩せり 増田 朋子

※は複数の選者に選ばれた句です。

COPYRIGHT © 31st ISTS-jimoto. ALL RIGHTS RESERVED