2017年6月3日~9日/愛媛・松山大会

第31回宇宙技術および科学の国際シンポジウム

2017年6月3日~9日/愛媛・松山大会

宇宙俳句「宇宙の句」 Space haiku "Uchu no Ku"

俳句(ジュニア)江﨑 紀和子 選

≪江﨑 紀和子 特選≫

金せいをたべてみたいなはるのよる
松野東小 池本 吏来

 夕方西の空にも見える時は「宵の明星」、明け方東の空に見える時は「明けの明星」と呼ぶのが金星。大きくてとてもよくかがやく星を見た春の夜。それを食べてみたいと思ったんだ!びっくりしました!
初夢やぼくは宇宙で宙がえり
愛大附属小 川九 開

 初夢の話。昔の子供はせいぜい空が飛べる夢を見たくらいだった。ところが、現代の子供は、スペースシャトルで宇宙旅行に出て、機内や宇宙空間で宙返りをする夢を見る。これは想像ではなく、叶えられることなのだ。
遠足で行けるといいね空の先
椿小 安倍 由花子

 広大な空の先にあるのは、無限大の宇宙。遠足で行けるのは、せいぜい電車に乗るくらいの短い距離。だけど広い野に着くと、やっぱり大きな空のその先に行けるようになりたいと思う。子供達の夢も無限大なのである。

≪江﨑 紀和子 入選≫

  • ※はやぶさが空に描いた虹一つ 豊田 彩華
  • ※夏の空星はまるでこんぺいとう 服部 琴葉
  • ※宇宙ゴミ春一番でとんでいけ 清水 煌生
  • 宇宙ではふわふわうかび春のよう 脇坂 はるあ
  • お正月宇宙でゆっくり過ごそうか 立石 直久
  • きょうりゅうの鳴き声遠く春の星 織田 凜花
  • 金星にずっと見とれる春の夜 大鳥 未都
  • ※しもばしら星のせかいにあるのかな 滝野 晴斗
  • ※たんぽぽのわたげとび立つうちゅうへと 安倍 由花子
  • タケコプターつけてのりたいいわしぐも 原田 泰輔

※は複数の選者に選ばれた句です。

COPYRIGHT © 31st ISTS-jimoto. ALL RIGHTS RESERVED