2017年6月3日~9日/愛媛・松山大会

第31回宇宙技術および科学の国際シンポジウム

2017年6月3日~9日/愛媛・松山大会

宇宙俳句「宇宙の句」 Space haiku "Uchu no Ku"

俳句(一般)江﨑 紀和子 選

≪江﨑 紀和子 特選≫

宇宙よりころげ落ちたる天道虫
松山市 赤穂 和子

 宇宙という無限大のどこかから、天道虫がころげ落ちてきたという句に惹かれた。そもそも天道虫という名こそ、宇宙を意味するものであった。春になると現れる天道虫、異星人の一種かもしれないと真剣に考えた。
春星のうるむ竹取物語
松前町 森田 千重子

 暖かくなると天も地も海もぼんやり霞む。潤んでいる春の星を見あげ、かぐや姫が月に還った竹取物語を思いだす。そう、宇宙から地球に還った向井千秋さんは、月に還ったかぐや姫と同じように美しい地球を見たのだ。
梟を目覚めさせたる天文図
兵庫県 中川 多聞

 人間は東西南北を星の位置で決め、太陽や月の動きで時間を決めた。この天文図とは地球からら見た星座や星雲の図であろうか。梟は夜空に天文図がうかぶ頃に目覚め、人間と入れ替わって夜を支配する。

≪江﨑 紀和子 入選≫

  • ※鳥引くや古墳に残る天体図 岡本 典子
  • 抽斗の一つは月光溜めるため 田村 七重
  • ※光年を想へば微熱桜咲く 忽那 早苗
  • 桐箱にしまふ臍の緒春の月 和泉 厚子
  • 何もかも浮かぶ宇宙に豆を撒く 松田 かをり
  • 満点の星動きだす大くさめ 山口 初雄
  • 月蝕のおぼろの中を宙返り 岡本 久夫
  • 逃げ水やみたかも知れぬ宇宙人 中川 加奈子
  • 春の宵猫が伸びする宇宙まで 大坪 覚
  • 卒業でほほに流れる天の川 古賀 大希

※は複数の選者に選ばれた句です。

COPYRIGHT © 31st ISTS-jimoto. ALL RIGHTS RESERVED