2017年6月3日~9日/愛媛・松山大会

第31回宇宙技術および科学の国際シンポジウム

2017年6月3日~9日/愛媛・松山大会

宇宙俳句「宇宙の句」 Space haiku "Uchu no Ku"

俳句(ジュニア)有光 令子 選

≪有光 令子 特選≫

はやぶさが空に描いた虹一つ
美濃加茂市立西中 豊田 彩華

 〈はやぶさ〉がもたらした〈虹一つ〉華麗さの極みともいわれる七彩の虹の美しさ、明るさが未来への夢と希望を暗示している。
 未来を見つめる作者の、生きる姿勢のうかがわれるたのもしい作品である。
公園にだあれもいないひでり星
家串小 織田 拓海

 〈ひでり星〉は一般に赤い。なかでもアンタレスは燃えるような赤色といわれる。日照り続きの酷暑の空に赤く燃える星たち。そうした天上の景とだれもいない公園との対比に、作者の感性のよろしさを感じる。
ながれ星ばあちゃん長生きしてください
家串小 伊勢 小葉

 科学的な根拠には関りなく、人々は流れ星に吉兆を占い夢を託す。一瞬の間に願いを言葉にすることは至難である。作者の祈りは実に素直で心にいつも思っておられるのであろう。心あたたまる作品である。

≪有光 令子 入選≫

  • オリオン座澄んだ夜空に煌めくよ 田中 友梨
  • ※向日葵は地球に生きる太陽だ 内田 実里
  • 夏の星きょうだい三人なかよしだ 末弘 哲也
  • ※学校のおとまりキャンプ星きれい 渡邊 魁斗
  • 冬の風むらさき色の月が出た 高魚 涼
  • にじのはしわたっていきたいくもの上 瀬野 彩夏
  • ※たんぽぽのわたげとび立つうちゅうへと 安倍 由花子
  • 冬銀河星のおしゃべり楽しそう 高村 晃生
  • トス上げる球体宇宙めく九月 藤井 和真
  • ※冬の月ずっとわたしの上にある 中矢 乃々華

※は複数の選者に選ばれた句です。

COPYRIGHT © 31st ISTS-jimoto. ALL RIGHTS RESERVED