2017年6月3日~9日/愛媛・松山大会

第31回宇宙技術および科学の国際シンポジウム

2017年6月3日~9日/愛媛・松山大会

宇宙俳句「宇宙の句」 Space haiku "Uchu no Ku"

俳句(一般)有光 令子 選

≪有光 令子 特選≫

銀漢や砂丘の涯の日本海
東温市 戒能 多喜

 砂丘から見た景であろうか。〈砂丘の涯の日本海〉の深い碧。空には唯一宇宙の川といわれる天の川の無数の星のきらめき。雄大な、そして遥かな思いに誘われていく。
 簡潔な表記、拡がりのある景に惹かれた。
春満月のぼる大きな旅鞄
松山市 原田 マチ子

 〈大きな旅鞄〉これを持てば月の世界に行けるのでは…とふっと思う。そうした夢のような思いに誘われるのも、春満月の親しさであろう。ほのぼのとしたあたたかさ、春満月ならではの句である。
オリオン皓と大阿蘇の野焼あと
松山市 渦岡 くみ子

 昼間多くの人が関わったであろう〈野焼〉の果て、今は寂寞とした野焼きの景。天上には三つ星が何事もなかったように、しずかに強く光っている。古事記の時代から続く行事。
 人間と自然との交感に感動をおぼえる。

≪有光 令子 入選≫

  • 佇めば飛梅の香の虚空かな 毛利 珪子
  • 北国の旅の一夜や銀河濃き 荻山 政躬
  • ※鳥帰る宙の深きへ翼張り 篠田 千恵美
  • 南十字星から届いたハンカチーフ 堀 アンナ
  • 春星の生るるよははを想ふたび 毛利 敦美
  • 冬銀河父のなき子と肩ならべ 楠﨑 陽子
  • シリウス仰ぐマフラーをきりきりと 橘 信子
  • ※光年を想へば微熱桜咲く 忽那 早苗
  • 岬来て触るるばかりの冬銀河 岩田 勇
  • ペンギンの背はしなやかに春の星 瀧谷 弥可

※は複数の選者に選ばれた句です。

COPYRIGHT © 31st ISTS-jimoto. ALL RIGHTS RESERVED