2017年6月3日~9日/愛媛・松山大会

第31回宇宙技術および科学の国際シンポジウム

2017年6月3日~9日/愛媛・松山大会

宇宙短歌・俳句コンクール Space Tanka / Space Haiku

宇宙短歌・俳句コンクール

ISTS愛媛・松山大会が開催される平成29年は、正岡子規生誕150年の記念の年です。
そこで、「俳句・短歌」で宇宙を表現することにより、宇宙を身近に感じ、宇宙への興味関心を深めていただくため、「宇宙短歌・俳句コンクール」を実施しました。

短歌部門では、向井千秋さんが宇宙空間で詠んだ上の句「宙返り何度もできる無重力」に続く下の句を、俳句部門では、「宇宙」をテーマにした俳句を募集したところ、短期間での募集にもかかわらず、短歌部門には1,011首、俳句部門には1,442句もの作品が全国各地から寄せられました。

短歌部門の審査は向井千秋さんとISTS地元事業実行委員会が、俳句部門の選句は松山俳句協会の理事7名が行い、上位入賞作品(短歌部門は最優秀賞、優秀賞、入選、俳句部門は各選者が3句ずつ選んだ特選句)については、2017年4月1日に開催した向井千秋さんの講演会で表彰を行いました。

今後は、ISTS愛媛・松山大会が開催される2017年6月にかけて、県内各地で入賞作品を展示する予定ですが、このサイトでも全入賞作品をご紹介します。

  • 講評をする向井千秋さん

  • 講評をする松山俳句協会 福谷会長

COPYRIGHT © 31st ISTS-jimoto. ALL RIGHTS RESERVED